新しいシーズンの表現はまず髪型から

繊細にほつれる前髪はヘアスタイルに存在感を生み出し、

ドライな質感でも、ウェットな質感でも、

その日のファッションに合わせて髪型を楽しめるのがポイント